2021年上演

【2021年】良い意味で期待を裏切られたミュージカル 『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』

最初、どこかの劇場でこの作品のポスターを見たときに目を疑った。

「え?!北斗の拳がミュージカル化だって?!」

そもそもどうやってミュージカルにするんだ?「アータタタタタ♪」という歌を歌うのか?「お~まえは~、すでに~、しんで~いる~♪」と歌い上げるのか?

さまざまな「はてな?」が脳裏に浮かんだ。

しかし、主演に大貫勇輔というダンサーを起用しているところから、戦いのシーンをダンスで表現するのね、ということだけは想像ができた。

それ以外は、いったいどんな風になるの?という思いで見に行ったが、想像以上に良かった。

なお今回の観劇数は2回だったため、ダブルキャストの観劇状態は以下の通り。

ユリア:平原綾香・May’nの両方で観劇
トキ:加藤和樹・小野田龍之介の両方で観劇
シン:植原卓也・上田堪大の両方で観劇
レイ/ジュウザ:伊礼彼方・上原理生の両方で観劇
ラオウ:福井晶一で観劇
リン:近藤 華で観劇

観劇メモ

会場や観劇をした日など。

演目名

フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~

会場

日生劇場

観劇日

2021/12/18(Sat)ソワレ
2021/12/21(Wed)マチネ

良い意味で期待を裏切られた

当初、北斗の拳をミュージカル化、と聞いたときに、申し訳ないのだが「イロモノ?」と思ってしまった。

これは、制作サイドに著名な方々の名前が並んでおり(作曲なんてワイルドホーンだし!)、かつ俳優も一流どころをそろえているにもかかわらず、そう思ってしまったのだ。

これは漫画を舞台化するのは無理!という私の勝手な思い込みのせいだったのだろう、と思う。

武術による戦いのシーンは、宙づりなども多用して見ごたえがあったし、ストーリー(恥ずかしながら今回初めて北斗の拳のストーリーを知った)も、しっかり魅せるものだったし、ワルドホーンのミュージカルナンバーは耳に心地よかった。

そして、大貫勇輔のダンスシーンが、これでもか!これでもか!というぐらい迫力があったので、そのシーンだけでもチケット代回収できた、という感じ。

病と闘う武術家トキ

病と闘う顔色の悪い武術家トキ。

加藤和樹と小野田龍之介のWキャストだったが、ともにすごく色気があった。

目を細めた加藤和樹の表情に胸ときめき、小野田龍之介の白い二の腕にめまいがした。

受け身の男の色気、なんだろうか?

とにかく二人とも、素敵だった。

大人?子供?渡邉 蒼

リン役は、体つきから未成年の女優が演じているのはすぐわかったのだが、バット役は成年男子が少年を演じているのか、ホンモノの少年が演じているのかが、瞬時に見分けられなかった。

幕間に渡邉 蒼のプロフィールを確認したところ、2004年10月生まれの17歳だった。

子役だ。

大人か子供か見分けられなかったのは、歌のうまさと演技力の高さのせい。

それにあの敏捷な動きも、相当ダンスの訓練を積んでいるはず。

とんでもない子役がいるんだな、と驚いた。

ちなみに私はテレビはあまり見ていないのだが、有名なドラマにも多数出演しているようだ。

私が書いています
運営者情報

姉本トモコ 東京都出身の舞台芸術愛好家。 高校時代(1980年代!)から、セーラ服のまま劇場に出入りする青春時代を送る。 好きな場所は日比谷界隈、一番好きな劇場は帝国劇場。 観劇する対象は、主にミュー ...

続きを見る

作品情報

キャストなど

キャスト

ケンシロウ:大貫勇輔
ユリア:平原綾香・May’n(Wキャスト)
トキ:加藤和樹・小野田龍之介(Wキャスト)
シン:植原卓也・上田堪大(Wキャスト)
リュウケン他:川口竜也
トウ・トヨ:白羽ゆり
マミヤ:松原凜子
レイ/ジュウザ:伊礼彼方・上原理生(交互で役替わり)
ラオウ:福井晶一・宮尾俊太郎(Wキャスト

バット:渡邉 蒼
リン:山﨑玲奈・近藤 華(Wキャスト)
リハク他:中山 昇
青年ラオウ他:一色洋平
ライガ他:後藤晋彦
フドウ他:澄人
フウガ他:田極 翼
青年トキ他:百名ヒロキ
ダグル(※オリジナルキャラクター)他:宮河愛一郎
ミスミ他:安福 毅
飯作雄太郎
岩瀬光世
輝生かなで
坂口杏奈
内木克洋
中野高志
原広実
妃白ゆあ
福田えり
藤田宏樹
LEI‘OH
大竹 尚

演出・音楽・振付等

原作 :漫画「北斗の拳」(原作:武論尊 漫画:原 哲夫)
音楽 :フランク・ワイルドホーン
演出 :石丸さち子
脚本・作詞:高橋亜子

音楽監督:ジェイソン・ハウランド
指揮:塩田明弘
振付:辻本知彦
顔安(ヤン・アン)
美術:金井勇一郎
照明:日下靖順
音響:山本浩一
衣裳:前田文子、竹田団吾
ヘアメイク:馮 啓孝
追加音楽:ジェイク・ワイルドホーン
アクション:渥美 博
映像:上田大樹、大鹿奈穂
フライング:松藤和広
歌唱指導:ちあきしん
音楽監督補・稽古ピアノ:村井一帆
稽古ピアノ:中條純子
演出助手:菅田恵子
舞台監督:二瓶剛雄

宣伝美術スタッフ
アートディレクター:服部浩臣(COM Works)
宣伝写真:HIRO KIMURA ( W )
宣伝スタイリスト:徳永貴士
宣伝ヘアメイク:宮内宏明

最終更新日 2022年1月5日

-2021年上演