観劇あれこれ

10時始業の仕事にはデメリットしかない(舞台芸術愛好家の場合)

https://lasfloresrojas.com

ここ最近、10時始業の会社が増えているように思う。

私も、転職活動等で時々そのような企業の求人を目にすることがある。

この10時始業については、メリットを感じる人がたくさんいる一方で、私はデメリットしか感じない。

要するに、個々人のライフスタイルによって受け止め方はかなり違ってくる、ということだ。

舞台芸術愛好家に19時終業はあり得ない

10時始業ということは、8時間労働として計算すると、1時間の昼休憩をいれて19時終業になるのである。

19時

この終業時間は、人によっては「それがどうしたの?」という時間であろう。

一方で、この19時という終業時間に「ありえねーーー!」と反応する人はどんな人だろう?

ちなみに私の場合は、転職活動をしていた時に、条件が合うので応募してみようと思い就業時間を確認したところ、その会社の就業時間が10-19時だったので応募すらしなかった、ということを何回か経験している。

東京の劇場では、ソワレ(夜の部)は19時台に始まるものが多い。

早いものだと18:00開演なんていうのもある。

舞台芸術愛好家にとっては、「19時までは仕事をしていなければならない」ということは、月曜日から金曜日までの間は、一切劇場に行けない、ということを意味するのだ。

そんなのは困る。

何のために稼いでいるのかまったくわからなくなる、本末転倒である。

ありえない!

とにかく、「早退しないと平日の夜に劇場に行けない」勤務条件なんてありえないわけである。

もちろん、企業が就業時間を設定するのは自由なので私が腹を立てるのは筋違いなのは重々承知しているが、求人を見て「は?19時まで勤務?なんなの?」と腹立たしく感じてしまったのも事実である。

10時始業のメリットとは?

一方で、10時始業のメリットを感じている人の大半が、以下のメリットを挙げているように思う。

  1. 朝ゆとりをもって過ごせる
  2. 通勤ラッシュを回避できる

朝ゆとりをもって過ごせる

確かにこれはメリットであろう。

時間に追われることなくゆっくり起きて、場合によっては朝風呂なんかにも入れるし、なんといっても朝食をゆっくり噛んで食べることだってできる。

人によっては、朝活としてフィジカルトレーングを済ませたり、資格取得のための勉学だってこなすことができるだろう。

通勤ラッシュを回避できる

このポイントも見逃せない。

私も、長年会社員をやっているが、年を取るにつれて通勤ラッシュそのものが「もう限界!」と思えることが多かった。

そのため、たった1時間始業時間がずれただけで、あの強烈なストレスを味わわなくてもよくなるのは、大きなメリットである。

ちなみに、女性にとって通勤ラッシュのリスクは「痴漢被害」だけではない。

殺気立った人から理不尽にも肘鉄を喰らわされたり、といったリスクもあるのだ。

身体への衝撃としては微々たるものかもしれないが、見知らぬ他人から攻撃される、ということ自体が精神的にとても大きなストレスだ。

しかし、しかし、しかし・・・

2020年ごろから、日本でも一気にホワイトカラーの在宅勤務が進み、私も在宅勤務が可能となった。

よって、私にとっては、このメリットはもはや検討する必要はなくなった。

日本でも6時間労働が当たり前になるのなら10時始業のデメリットはない

北欧スウェーデンあたりでは、近年6時間勤務制度を導入している企業もあるのだとか聞く。

もし日本でも、生産性を大幅に上げて6時間労働が可能になったら、別に10時始業であっても終業が17時ぐらいになるので、先に挙げた問題もスッキリ解消である。

「そんなの、無理だろっ!」

ワーカーホリックな人々からはそんな声も聞こえてきそうだが、私はあながち遠い未来の話とも思っていない。

ホワイトカラーの多くが、まだまだ「人間がやらなくてもいい仕事」をやっているように思う。

特に大企業では、脈々と受け継がれた複雑怪奇な手続きを、現場の担当者が、意味も分からずこなしていることも多々あるのだ。

まったくもって無駄。

忙しくて残業をしている人の実態って、実は「人間がやらなくてもいい仕事」を延々手作業でやっているからではないか?

人間らしい特性を使った人間の仕事で長時間労働をしている人は、そう多くないのではないか?

それらの業務をスリム化したり、どうしても「作業」が必要になる仕事は、ロボット・AIでやれるようにしたら、人間がやるのは「アイデアをだすこと」「思考すること」・・・等々だけになる。

早くそういう日が来ないかな。

人間が人間らしい活動に多くの時間を割くことができますように!

私が書いています
運営者情報

姉本トモコ 東京都出身の舞台芸術愛好家。 高校時代(1980年代!)から、セーラ服のまま劇場に出入りする青春時代を送る。 好きな場所は日比谷界隈、一番好きな劇場は帝国劇場。 観劇する対象は、主にミュー ...

続きを見る

最終更新日 2022年7月24日

-観劇あれこれ