シンプルライフ

クレジットカード番号は暗記すべき理由

みなさんはクレジットカード番号(16桁※アメックスを除く)を暗記していますか?

カード番号のみならず、有効期限と3桁のセキュリティコードも、です。

私はネットで決済することが多いので、いちいち財布やカード入れからカードを取り出さなくても決済できるように、カード番号は暗記するようにしています。

ただし、何枚もカードがあると覚えきれないので、所持するカードは絶対に2枚と決めています。

クレジットカード番号を暗記する理由

  1. ネット決済の迅速化
  2. 紛失した場合の事務手続き迅速化

ネット決済の迅速化

ネット通販のみならず、ネットで決済することがかなり多くなってきました。

ネットで決済する際に、いちいち財布からカードを取り出してきて、番号を見ながらカード番号を打つのは正直面倒です。

また、興行チケット等の購入時は10分以内に決済をしないと、仮確保した席がリリースされてしまうといった問題もあるので、やはりサクッと決済を済ませるためには、カード番号を暗記しておくのは必須と言えます。

私がクレジットカードに求めるのは、決済したいときに確実にサクッと決済できることです。

使いすぎ防止のためにカードは取り出しにくいところにしまっておくとか、そういうニーズとは真逆の、「確実に」「迅速に」決済が行えることなんです。

さらに、カードは手のひらに乗るぐらい小さいですし、容量も非常に軽いです。

なので、ネット決済の都度、財布から取り出して使っていれば、デスクの上に置き忘れたり、家具と家具の間に落としてしまったり、そういう事故も起こりかねません。そういうのも面倒ですよね。

紛失した場合の事務手続き迅速化

これまで、カードを紛失したことは無いのですが、仮に紛失してしまった場合も、番号を脳内に控えてあればカードの利用停止事務手続きもスムースであることが想定されます。

カード会社に連絡をする場合、もちろん、氏名や住所、電話番号からカード番号を割り出すことはカード会社がやってくれるでしょうが、カード番号をすぐに伝えられることができたほうが、カードの利用停止手続きも早く済むでしょう。

クレジットカードの保持数を最小限にするメリット

このようにカード番号は暗記する、ということを前提とすると、たくさんのカードを持つことが不可能になるので、枚数が限られます。

私の場合は2枚です。

このようにカードの保持数を最小限にすると、以下のようなメリットもおまけでついてきます。

  • 毎月の利用金額が把握しやすい
  • 紛失や盗難の時に気づきやすい
  • ポイントが集中して貯められる

毎月の利用金額が把握しやすい

細かい利用額の管理はしていませんが、いちおう毎月どれぐらいカードの請求金額があるのかは確認しています。

しかし、3枚以上カードがあると、締め日や支払日もバラバラですし、いつまでにいくら銀行に残高があればよいのか計算がしにくいですよね。

パッと「今月の支払はだいたいこれぐらい」という感覚を持てるのは、やはり2枚までだと思います。

紛失や盗難の時に気づきやすい

クレジットカード2枚持ちまでなら、無くした時や盗まれてしまったときにも気づきやすいです。

未然に損失を防ぐ、という観点からも、支払いツールのシンプル化は有益ですね。

ポイントが集中して貯められる

私はポイントマニアではありませんが、現金ではなくカードを利用することでポイントが付くなら、運用が面倒ではない限り利用します。

その際も、あちこちのカードを使うと、ポイントは貯まりにくいですよね。

その点でも、カードが2枚までなら、効率がいいと言えます。

1枚持ちではなく2枚持ちである理由

結論から言うと、1枚が機能しないことを考慮したミニマムな結論が2枚持ちです。

本当は、1枚保持がシンプルで理想的なのですが、決済しようとしたときに持っていたカードが機能しなかった場合、やはり代替は必要です。

特に海外旅行ではホテルのデポジットとしてクレジットカードが必要ですが、そこで1枚が何かしらの理由で使えなかったら、1-2泊分の宿泊費をキャッシュで払わないといけません。そんなのは面倒です。

Tomoko
一時的に、3枚持ちになることはあっても、常に2枚持ちになるよう調整しています。

結論・効率と安全のためのカード番号暗記

決済を効率的に行うため、そして紛失や盗難等にすぐに気づけるといった安全面、この2点の理由で、クレジットカードの番号(と有効期限とセキュリティコード)は、暗記しておくべき、です。

クレジットカードは便利な決済手段です。

だからこそ、その管理に煩わされたくないですよね。

-シンプルライフ

© 2021 サクッと語るBlog