シンプルライフ

電子書籍リーダー「Kinoppy」の魅力

いまは、読書をする人の多くが電子書籍を利用していますよね。

いろんな電子書籍端末および電子書籍アプリがありますが、私が一番気に入っており、かれこれ8年以上を使い続けているのが紀伊國屋書店のKinoppyです。

おそらく多数派ではないと思います。

私はAndroidユーザーなので、AndroidのタブレットやスマートフォンにKinoppyをインストールしてそれを利用しています。またPCはWindowsを利用しているので、Windows用アプリもダウンロードしており、Windowsで読むこともあります。

Kinoppyを使い始めたキッカケ

電子書籍を使い始めた当初はAmazonのKindleを使っていましたが、過去、AndroidのKindleアプリは読書中でも画面の下の方に広告が出ており、しかもそれがチカチカ点滅していたのです。

読書中に広告がチカチカ点滅するものですから、どうしても読書に集中できませんでした。なので、そのタイミングでKinoppyを使ってみたところ、広告が一切なく、「スマホの画面いっぱいに本のコンテンツのみが広がる」という状態が確認できました。つまり、紙の本と同様に、本の内容に集中できるということがわかったため、Kinoppyに切り替えたのです。

既にKindleで何冊も本を買っていたので、Kinoppyで買い直した本もありました。

今は、逆にKindleでしか出版されていない本もあるので、それはKindleで読みますが、基本的にAmazonは総合ショッピングモールとして利用しており、電子書籍の利用はごくごくわずかです。

Kinoppyを使い続けている理由

アプリデザインのシンプルさ

Kinoppyを使い続けている理由は、ひとことでいうと、アプリのデザインが落ち着いていて、読書に集中できることです。

地味といえば非常に地味かもしれません。アプリそのものを使う楽しさというものは皆無ですが、読書の目的は「本のコンテンツ」ですから、アプリは地味なぐらいでちょうどいいのです。

Kinoppyでは、アプリを立ち上げた時の最初の画面を「自分の本棚」に設定してしまえば、新刊の本の広告等を一切目にせず、一目散に目指すべき本に直行できます。
(※設定で起動時の画面を「ストア」にすることもできます。)

ある日のメイン本棚

このことは、私にとっては非常に大事なことで、「この本を読もう!」と思ったときに、新刊の本の広告やおすすめの本の紹介で、気を逸らされたくないのです。

ちょっと話はそれますが、スマホやタブレット、PCのブラウザの設定は、すべて最初に表示される「ホーム画面」はgoogle.co.jpにしています。

それ以外のポータルだと、どうしても何かしらのニュースが最初に表示されてしまうので、必要があって検索をしようとブラウザを立ち上げたのに、そっちに気をとられ、「あれ?何を検索しようとしていたんだっけ?」ということになりかねないからです。

もっと言うと、何かを検索しようとしてブラウザを立ち上げる、道を調べようとして地図アプリを立ち上げる・・・etc、そのためにスマホを手にしたのに、メールやらメッセージやらの通知を見てしまうと、当初の目的が速やかに達成できません。

ですから、私は、家族と金融機関からの連絡以外のスマホの通知は全部オフにしています。

読み放題プランが存在しない

紀伊國屋書店の電子書籍には、読み放題のプランが存在していません。

これがいいのです。

つまり、自分が選んで買った本に、集中してコミットできるのです。

ちなみに私は、一冊読み終わらないうちに、手あたり次第平行して本を読む、いわゆる「乱読」型の読書をするので、読み放題プランの電子書籍では、キリが無くて、どの本も読了できないことになってしまうのです。

その点、買い切りの電子書籍なら、仮に10冊並行して読んだとしても、自分で選んで買っているものですから、最終的には読了するのです。
(※もちろん、本当に駄本の場合は、買い物に失敗したとあきらめて、途中で読むのをやめて捨てることもあります。)

また、読み放題の場合は、本を自ら選び、身銭を切って買って読む、というよりは、次から次へとレコメンドの本が出てきてしまい「読まされる」状態に陥りやすいので、その点でも、本は読み放題ではないほうがいいと考えています。

ちなみに同様の理由で、動画が見放題のストリーミングサービスにも加入していません。映画を自宅で観たい場合は、Google Playムービーで1本ずつ買って視聴する、ということをしています。

Kinoppyのデメリット

時に読みたい本が電子化されていない場合があります、特に洋書の電子版はAmazonのKindle圧勝といったところです。読みたかった洋書がKindleで300円程度、ハードカバーだと3,000円、ということもありました。

しかし、その点もとらえようによってはメリットでもあります。つまり、「本当にその本が読みたいのか?」と検証するステップを入れることができるのです。

Kinoppyが向いている人

上記に挙げたメリットを享受したい人の他に、「生活圏に紀伊國屋書店があり、かつ利用している人」が入るかと思います。

私の場合は、新宿の本店が、近隣ではないものの、頻繁に訪れることができる店舗です。時には半日以上過ごすこともある場所で、とっても居心地のいい場所です。

リアル店舗とウェブストアで共通のポイントがあり、税抜100円=1ポイントですので、リアル店舗も好きだ、という人にはKinoppyはお勧めできると思います。

まとめ

Kinoppyは紀伊國屋書店という本屋が提供しているサービスである、という点も非常に気に入っています。(その点では、Hontoも同じ。)

本のサービスは本屋のものを、餅は餅屋のものを、ということです。

また、最後は非ロジカルな締めになりますが、紀伊國屋書店の醸し出す知的でクールな雰囲気が好き、なんですね。結局はそこかもしれません。

-シンプルライフ

© 2021 サクッと語るBlog