シンプルライフ

シンプルで安定安心の格安Sim

気がついたら2015年4月にIIJmioを利用し始めてから、ずいぶん時間が経ちました。某キャリア携帯を利用していて「高い」という不満からMVNOを検討し、選んだのがIIJmioでした。

Tomoko
日頃、使っていることに意識が向かないほど、何の不満も起らないのがIIJmioのサービスです。

IIJmioは速くはないが品質が安定している

IIJmioは品質が安定しており、日本中どこにいても「繋がらない」ということはほぼないと思ってよいでしょう。

爆速ではない代わりに、非常に安定していて信頼できる、それがIIJmioです。

IIJmioは「速くない」のは本当

IIJmioは品質が非常に安定していますが、残念ながら「速くない」というのは本当です。

速度は利用する場所により異なりますが、以下の時間帯では少し速度が遅く感じられます。

  • 朝の通勤時間(7-8時台)
  • 昼のランチタイム(12-13時頃)
  • 夕方の帰宅時間(17-18時台)

IIJmioの速度が遅い時間帯でもストレスなくできること

IIJmioの速度が上述の時間帯で遅くなることがあるとしても、閲覧しているページの画面が動かなくなるとかいうことはありません。

ただし、画像の読み込みが遅くなったり、動画は止まってしまうことがたまにあります。

しかし、チャットツールやメールのやり取りは問題なくできます。

つまり、文字を中心としたやり取りなら何のストレスも感じることなく行えます。

「重たい画像や動画を頻繁に利用しない」ならおススメできる

最初に記載したデメリットについては、スマホをどのように使うか、によるとは思うのですが、「重たい画像や動画を頻繁に利用しない」なら、ほぼストレスなく使えるはずです。

どの時間帯であっても、音声通話は可能ですし、チャットやメールのようなテキストベースのやり取りはスムースにできます。

電波が悪くて、なかなかチャットやメールを受信できない、ということもほぼありません。

私においても、通勤時間やお昼休みに画像のたくさん入ったサイトを閲覧したり、動画見るニーズがまったくありませんし、動画もスマホでみることはありますが、自宅でWi-Fi環境を使う時に限られるので、外出先で動画をみたり、重たいデータのやり取りをすることはほぼありません。

このようなスマホの使い方をする人は決して少なくないはずです。

爆速の速度は必要ないけれど、いつでもどこでも確実に繋がることを重視する、という人には、IIJmioがおススメできます。

IIJmioは無駄がない

安定した信頼の品質以外の利点について、補足します。

通話は完全従量制

通話定額(かけ放題)オプション自体は存在しているのですが、ビジネスでたくさん電話をする人や、家族間で頻繁に連絡を取り合う、といった用途に限られるのかな、と思います。なので、私は完全従量制で利用しています。

  • 30秒22円というシンプルな料金体系
  • みおふぉんダイヤルアプリを使えば30秒11円に

そもそも、いまは音声通話であっても、WhatsappやLINEのようなチャットツールの音声通話機能を利用されている方が多いと思いますし、私の場合も電話の利用はかなり限られます。

データ通信量も必要に応じて変更できる

翌月持越しができる

一か月のデータ通信量が何GBであれ、全てのプランで余ったデータ通信量を翌月に持越しが可能です。シンプルでかつありがたいサービスですね。

1GBずつ容量を追加できる

私は少ないデータ通信量のプランを使っていて、充分足りていますが、時々追加で容量が必要になることがあります。そのような時は容量を追加します。

まとめ

6年以上使っていて問題が出たことが一度もありません。

-シンプルライフ

© 2021 サクッと語るBlog